教材を使用する

これまでの歴史や変遷

英会話教材の始まりはラジオの放送だといわれています。ラジオでネイティブの会話や発音を聞くことが出来たのです。 その後、英会話教材の一つとしてカセットテープが利用されてきます。これにより、テープレコーダーに自分の英語の発音を録音して聞いたり、外国の人の発音を録音しておいて好きな時に練習したりすることが出来るようになってきます。ここからカセットテープは英会話教材として広まっていき、音声の英会話教材の販売もカセットテープでされるようになります。 さらに時代が進むと、CDが登場します。英会話教材においてはCDは書籍や雑誌などとセットで発売されたりもしました。 現在ではインターネットやパソコンが普及したことにより、より手軽にネイティブの発音に触れて学習できるようになってきています。

今後の動向についての予測

英会話教材は音声を聞いたり発音の練習をしたりするものが多く、ラジオ、カセットテープ、CD、MDなどと変化してきました。 現在ではパソコンが一般家庭に普及しインターネットがどこでも楽しめるので、それが英会話教材にも広く活用されています。パソコンでは英語の音声データを簡単に管理、編集することが出来るので自分のやり方に合った教材を自分で作成できます。また、インターネット上には様々な情報があり、英会話の音声データを入手することも容易です。そのため、自分の英会話教材を充実させることも手軽に出来るようになってきています。 この流れは今後も継続されていくことが予測されます。インターネットでは音声だけでなく動画での英会話の教材も日々増加しています。また音声や動画を携帯できる機器も普及しているので、自分の好きな時に好きな場所で自分用に作られた教材で学習する環境がますます充実していくと予測されます。